偽造されないための工夫

銀行印イメージ

銀行印は金融機関で口座を開設する時に必要になりますが、果たしてそれ以外の場面で必要になることはあるのでしょうか?
そして銀行印を必要とされる場面があったとして、なぜその行為は銀行印がないとできないのでしょうか?
銀行印が必要となってくる場面で一番多いのは、金融機関で行われる振り込みなどでしょう。
その際は、必ず銀行印が必要になってきます。
では、なぜ銀行印が必要なのかと言うと、口座を開設した時の銀行印によって、その口座を利用できる人、もしくは契約した本人であることを確かめるためです。

この過程がないと、自分の口座から勝手に誰かの口座に振り込みをされてしまったり、はたまた変な使い道をされてしまう可能性が高くなってしまうのです。
金銭に関係することですから、やはり本人確認というのはとても重要になってきます。
銀行印は、そういった他人の悪用を防止する役割があるのです。
最近では犯罪のレベルも上がってきていますから、昔と違って銀行印を使用する本人たちも、十二分に注意しなければいけなくなってきています。

そのため、銀行印を複雑な形のものに変えたり、あまり見かけないような書体や大きさの印鑑に変える人も増えてきています。
よく銀行印を認印などと一緒にしている人もいますが、安全面を考えるのなら、銀行印は銀行印のみの用途として、しっかりと自分で管理をし、まわりに少しでも悪用の可能性を減らしていくのが賢明と言えるでしょう。
悪用されてからでは遅いのですから、充分に取り扱いには注意して自分の身は自分で守っていきましょう。

ページの先頭へ