ほかのハンコと見分けをつける

  • RSS

銀行印は自分の名前を彫ったハンコでも使用することができますが、ほとんどの場合女性の方しか名前ハンコを利用していないように感じます。
確かに男性はほとんどの場合、結婚しても名字が変わることはありませんし、自分の苗字のハンコを使うことに何の障害も抵抗もないでしょう。また、男性の場合人の目に触れるハンコが自分の名前だと、少し恥ずかしいという気持ちがあるのかもしれません。

男性は結婚しても名字が変わらない分、お嫁さんやお子さんなど家族のためにも三文判など苗字のものを使わないといけませんから、名前ハンコを使えるのは銀行印くらいではないでしょうか?実印はあまり名前での登録はおススメできませんし…。
確かに気恥かしさなどあるかもしれませんが、名前ハンコというのは一般的に珍しいだけでなく、防犯の面でも非常に効果のある印鑑です。ですから、銀行印として使用する分にはとても都合の良い印鑑だと言えるでしょう。
銀行印が目に触れるのは金融の職員くらいでほとんど人の目に触れませんし、自分の名前を銀行印としても誰かに見せるということもないでしょう。

また、銀行印は実印や認印などと分けておく方が好ましいのですが、同じ名字の印鑑を何本も持っていたら、どれがどの印鑑かわからなくなってしまうということもありますよね。
そのため、もしどの印鑑かわからなくなってしまったら、その都度持っている印鑑を全て持っていき、どれが合っているか確かめたりということもしなくてはいけませんから、見分けをつける意味でも名前印鑑を使ってみるのもよいのではないでしょうか?

このページの先頭へ